こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

LEAP1のご感想から

こんにちは!

今日は、LEAP1のセッションを受けてくださったekomokomoさんがご自身のブログにセッションの感想をアップしてくださったので、こちらでもご紹介させていただきます。

 

ekomokomoさんのブログでもご紹介してくださっていますが、ekomokomoさんもわたしも共にマーマーガールで、服部みれいさんがIHを紹介されていたことがきっかけで、わたしのブログにたどり着いてくださったそうです。さらに詳しくお話を伺ってみると、マーマーフェスにも行かれていたそうですし、わたしも参加したお話会にも足を運ばれていたそうで、「わー、わたしもそれ行きました!」的な話で盛り上がりました(笑)マーマーガールの方たちってなんか雰囲気が似ているんですよね。とっても純粋で、正直で、心根がやさしく、自分の人生に対して真摯に向き合っていて、でもガツガツしていない、例えて言うならそんな感じでしょうか。こうして縁あって、セッションに来てくださったこと、心から感謝します。

 

ekomokomoさんのブログから一部抜粋させていただきますね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず、1回目のセッションからハート

 

脳に関わるキネシオロジーなので、脳っぽいテーマがいいな~となんとなく思って、

(実際には脳にこだわらなくても、テーマはなんでもOKということです)

考えてきたテーマ。

 

優先順位づけが苦手。自分で適切な時間管理ができない。

あらかじめ今日は○○の勉強しようとか決めていても、SNS・ブログ・テレビという魔の誘いにのってしまう。そして一日のおわりに激しく後悔するのをどうにかしたい、というもの!

 

筋反射でそのテーマですすめてOKとでたので、そのままセッションが進むことに。

わたしがあげたテーマを元に今回の目標をきめていく。IHみたい。

 

ところでLEAPは途中でいろいろおもしろいポーズ?を取りながら進んでいきます。

ここはプラクティショナーと協力して、1つの目標に向かってすすんでいるような不思議な感覚。

 

目標が決まって、大好きなフィボナッチ音叉が調整方法としてでてきました。

 

フィボナッチはわたしにとって特別な音叉なんだなーと音叉を聴きながらいつも思う。

IHに興味をもちはじめたのも、とっかかりは間違いなくフィボナッチからだったし。

 

だからなのかなんなのか、IHなどヒーリングをうけていて調整法でフィボナッチが出てくる確率がいつも高い気がする。

 

聴いていると、時空をぶっとぶような、平成のこの世ではないような感じがして。

すごすぎる秘儀。

以前うけたときは、中世ヨーロッパで冬、暗い部屋で暖炉の前にいるような感覚がしたこともあったし。

 

フィボナッチ音叉が調整方法ででてくると、いつも胸が躍ってしょうがないグリーンハート

って、いつのまにかLEAPじゃなくて、フィボナッチへの想いを語っているじゃんアセアセアセアセ

 

 

 

つづいて、2回目のセッションハート

 

2回目のセッションに進む前に、1回目のテーマはその後どうでしたか?と聞いてもらったので

思い出してみると、、

なんとその時の課題で困っていた自分自身の感じを思い出せず・・・

 

どうやらいつのまにか解決していたようで、すごいポーンポーン

 

読みまくっていたいろいろな人のブログも通勤途中は読んでいたりするが、

家ではあまり読まなくなったということに気づく。

あと、家でテレビがついていても、なんとなく流されて見ることが減った?

 

これはきょうこさんに言ったら「そんなことしていたんですか?」って驚かれたのですが、1日の終わりに毎日

「今日はこれとこれをやろうと思っていたのに、またネットサーフィンをしてしまった・・・なんでちゃんとできなかったんだろう」

って無駄に反省タイムチーンをもうけていたのがなくなりました。

 

毎日やろうとおもったタスクを100%全部終われるようになりました!!とかではないんだけど、そういうふうな謎の自分いじめTIMEチーンチーンがなくなったみたい。おお。

今から思うと、私自身もなぜそんなこと考えてたんだろうと思う、なにかに囚われていたとしか思えないアセアセアセアセ

 

思いがけず実感した第1回目の結果に、高まる2回目のセッションへの期待。

 

やはり脳っぽいテーマをやりたく、「記憶力をよくしたい」とテーマをあげてみるも、筋反射はOKといってくれない~~

 

なにが最適なんだろう?ときょうこさんも一緒に探してくださり、けっきょく決まったのは、

 

自分のスピードで前に進んでいくことを許します

 

これについては、たしかにわたしはいつも「早く結果がほしい恐竜くん」って思いがちなところがあり

 

古くは会社での成果とか(いまは会社の仕事に、あまり重点を置いてないのでこれはほぼないのですが)

 

あべけいこさんのチャネスクで、みんなとくらべて私ってってぜんぜん出来てないかも?早くもっと上達したいと焦ったり、

最近IHを学びはじめたけど、これもまだ全然モタモタしていてもどかしかったり。

はじめてなので、それもこれも当たり前なんだけど、でもやはり早くちゃんとできるようになりたいなーと思ってしまう。

 

そんな私にうってつけの目標。筋反射はいつでも最適な目標を選んでくれますスノボ

 

前回同様、脳の各パートがどの程度動いてくれているか?について調べたり、

今回の目標のためにはどこを調整するべきかが決めてもらったり、

アクロバティックポーズをとったり、途中いろいろしながら、調整方法ででてきた音叉で調整をしてもらうオッドアイ猫

 

 

そして、2回目のセッションから10日ぐらいたった今ですが、私の感じ方はというと、早く結果を出したいという焦りが消えた気がする。

もちろん目標は達成したいのだけれど、焦らなくていいやーって思えてきたというか。

もうすぐIHプラクティショナーとしてセッションしていいという資格をもらえる予定なのですが、
その後○月までに何件モニターやってとか、○月からは正規金額でスタート!というのをわりときっちりとしたスケジュールで立てたんだけど、もちろんそれが達成できるならそれも素晴らしい!
でも、達成できなくてもそれもそれでありかな?みたいな気持ちに、ここ最近変化したみたい。

もちろん最終的には叶えていきたんだけど、焦りをベースにした行動をしたくない。

流れにのりつつも、着実に進めていきたいという気持ちに変わったかな??

上手く言えないけどアセアセアセアセ
 

けっきょくなにが言いたいかというと、LEAPのセッションすごいってこと!

世の中の叡智にまた1つ癒されましたピンクハート

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

セッション1回目のテーマは、「優先順位づけが苦手。自分で適切な時間管理ができない」ということでしたが、脳のどこにスイッチングが起きているか筋反射で確認していくと、脳の前後(前頭葉連合野)のディープサバイバルスイッチング(DSSスイッチング)を起こしていました。前後のDSSスイッチングというのは、過去を参照して、過去にスタックしてしまい「今現在にいない」という状態です。ekomokomoさんにお話しを伺っていくと、「子供のころ、自分がやりたいと思ったことがあっても母親のやりたいことをさせられていたような気がする」ということで、自分がやりたいことがあっても自分の気持ちを無視するクセがあったようです。

 

そのため、大人になって自分のやりたいことがあっても、子供の時に感じた気持ちや感情が活性化されて、自分のやりたいことを優先できない状態になっていたのかもしれませんね。ということで、「自分の適切な時間配分を見つける」ことを目標に、DSSスイッチングの調整と、偏桃体の調整をさせていただきました。

 

セッションの前後に、自分の問題に対してどれくらいストレス度があるか確認するのですが、この時のセッションでは、セッション前のストレス度8/10だったのに対し、セッション後は、2/10に減って、ekomokomoさんのブログに書かれているように、2回目のセッションの時には、その時の課題感を自分自身で感じなくなっていらっしゃったので、わたしもビックリでした!(笑)

 

LEAP1は、ほんとにピンポイントで調整していくので、自分の変化が感じやすいと思います。

 

ekomokomoさん、ありがとうございました!

 

ameblo.jp

 

きょうこ

 

POI