こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

たのしそう!と思うことには、少々面倒くささもついてくる

こんばんは~!

朝晩冷えてきましたね~!

最近、冷えとりから離れてしまっていたんですが、冷えとりを熱心にしていたころよりも生理痛がひどくって、冷えとりやってないからかな・・・なんて思ってます。寒くなってきたし、冷えとりをまた始めるには最適な季節ですよね。

 

さて、この頃、週3の仕事に加えて、セッションに、ワークショップにと、目が回りそうになってます(笑)最初は「わー、たのしそう!」と思って、「じゃあ、やってみよう!」と決めるのですが、その後、少々面倒くささもついてきます。この「面倒くささ」っていうやつが、よくいわれる「プロセス」の部分ですよね。

 

あれも決めなきゃいけないし、

これも決めなきゃいけない、

あそこに連絡しなきゃ…

とか。

  

こういった地味な作業でも、結構エネルギーを消耗するので、ヘトヘトになっちゃうけど、プロセスをたのしむ練習と思ってます。

 

そういえば、いつの間にやら、プロセスをたのしめるようになってるような・・・。

(と、ここで過去自分が書いたブログを思い出す・・・)

 

思い返せば、去年の12月頃は「プロセスをたのしめない!」「今すぐ結果を出したい」「完璧にやりたい」そんな葛藤がありました(葛藤が顕著化していた時期?)。完璧主義、生真面目さなどの性質が、生きにくさにつながり、自分自身をヒーリングに向かわせていったわけですが。もちろん、今でも、あーもっと簡単に現実化しないかな~なんて思うときもありますが、この次元に生まれたのも、思考から現実化までのプロセスを楽しむため。エネルギーを瞬時に現実化したかったら、この次元を離れるしかありません。

 

去年のブログ↓

プロセスをたのしむ - こころとカラダを癒やす旅

プロセスをたのしむ② - こころとカラダを癒やす旅

 

不思議ですが、いつの間にか、でもしっかりと、意識に変化が起きているようです。たとえば、プロセスに関して、あきらかに以前の自分と感じ方が違う、それを体験するとき、ものすごくうれしくなります。なぜなら、以前の自分と感じ方が違うと意識できるのは、その状況を客観視できるようになっているから。ちょうど、LEAP1のセッションを受けていただいた方たちに、「セッションで扱ったテーマと同じような状況が、セッション後48時間以内に起きるかもしれません」とお伝えしていましたが、それは宇宙からそのテーマを乗り越えられるかのお試しレッスンなんですね~。明らかにそのテーマに関して、セッション前後で感じ方が変わっているはずです。感じ方が変わるというのは、そのテーマを「客観視」できるようになっているということです。それができるようになれば、ほぼその問題を乗り越えつつあるという証拠だと私は思っています。

 

そうそう、LEAP1のモニターセッションもあと数名の方を残して、終了です!

ご協力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!

 

きょうこ

 

POI