こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

8月の思い出

こんにちは!

あっという間に、夏が終わってしまいましたね~!

すっかり秋!朝晩は、寒いくらいですし、残暑はもうないのかしら?

 

今月は、LEAPのモニターセッション月間です(IHセッションもさせていただいていますッ!)。つい先日も、キネシオロジーアカデミー主催のLEAP練習会に参加して、参加者からLEAPのセッションを受けたんですが、やっぱり、すごいよ、LEAP!という感想に至りました(頭痛が取れました!)。これからモニターを受けてくださった方たちが、どのように変化されるのか、はたまたどう感じるようになられるのか、たのしみです!

 

さて、8月は怒涛の忙しさでした。ちょっと振り返ってみると・・・

ワークショップ「カバラと夢見る力」にはじまり、広島へ行ったり、ホリスティックな視点から治療を提供されている「長田整形外科」の長田夏哉医院長と、僧侶・アカシックリーダーの齋藤つうりさんがナビゲートされたホリスティックスクール 八ヶ岳☆原村リトリート2017に音叉ヒーリングのスタッフとして参加させてもらったりと、もう、ゆっくり、じっくりと味わう暇もないくらいの過密スケジュール!

 

八ヶ岳原村は自然環境がすばらしくって、今回はじめて自然のなかで音叉セッションをさせてもらったところ、まったく疲れない!という発見がありました。たいてい、2人セッションをすると、ぜいぜい、はぁはぁ、なのですが、今回、5、6名セッションをしたけど、ぜんぜん疲れなかったです。自然のなかでセッションすると自然とグランディングもしっかりできるし、自然からパワーももらえるしで、環境の大切さを実感できました。

 

f:id:poi_diary:20170905171729j:plain

音叉セッション中!

f:id:poi_diary:20170905172312j:plain

自然のなかは、ちょーきもちいい!

 

夜は、キャンプファイヤーをしながら、夜空を眺めたり、、、

f:id:poi_diary:20170905172441j:plain

f:id:poi_diary:20170905172444j:plain

満天の星空!

 

キャンプファイヤーをしながら、自然の音を聞いてみようと、みんなでしばらくの間耳を澄ましていると、小川のせせらぎ、火の爆ぜる音、鈴虫が奏でる音、そして天体の音が聞こえてきました。これらの音は、ほんとうに、小さく、精妙な音なので、よーく耳をすまさないと聞こえてきません。一方で、車のような騒音は、一瞬で聞こえてくるんですよね。

 

ほんとうに、たいせつなことは、ささやき声のような、ちいさな、ちいさな音だから、わたしたちは、耳をよーくすまして、聞き逃さないようにしないとなあ、なんて、自然の音を聞きながら思ったのでした。

 

こうしたワークショップに参加させていただくなど、すばらしい体験をさせていただきながらも、自分の外側で、自分の意思とは関係なく、いろんなことが起きはじめたことに戸惑いも感じていました。自分の感情が置いてきぼりのような、ただ、自分の外側で起きることを眺めているだけのような、起きる出来事と自分の感情の間に乖離ができはじめていることに気づきました。そして、なにか自分の意思とは関係のないところで、物事が動きはじめているような、そんな感じもしていて、とにかく不思議なんです!

もう身をゆだねるしかない、、、と思っているんですけどね(笑)

 

IHセッションでも、多くのクライアントさんから「コントロールを手放す」という言葉がよく出てきます。「コントロールを手放すって上がってきています」と言われても…なんですけど、わたしも本当の意味での「コントロールを手放している状態」を分かっていなかったなあと。何かが起きるのをただ待っているのでもなく、何もしていない怠惰な状態でもなくって、やることはやりつつも、必要なことが自然と起きていく。それが「コントロールを手放し、流れに身を任せている状態」のようです。

 

こういう状態を感じられるようになったのも、IHセッションを受け続けた結果なのか、IHセッションをさせていただくようになったからなのか、人との出会いからなのか、はたまた星の導きなのか、はっきりとしたキッカケは、よくわからないけど、キネシオロジーに出会ったことがすべての始まりだったのは間違いなさそうです!

 

キネシオロジーに感謝!

 

ということで9月も駆け抜けます~

 

きょうこ

 

POI