読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

ハワイ島 ATIHワークショップ①

ワイ島に到着した翌日から、4日間のATIHのワークショップが始まりました。

 

そもそも、ATIHってなんぞや?ですが、ATIHは「Awakening The Illuminated Heart」 (直訳すると「輝くハートの目覚め」)の略で、フラワー・オブ・ライフの著者であるドランヴァロ・メルキゼデクによって創設されたワークショップです。

 

このワークショップのキーワードは、

It's time to remember the LOVE.

わたしたちが何者なのか、そして愛・ユニティ(の状態)を再び思い出す。

 

It's time, It's time to remember, Remembering love を何度聞いたことか・・・。

わたしが、ロンと、ドロシーにかみつく原因となった言葉でもあるわけですが(笑)

 

ATIHのワークショップがどうだったかの前に、、、 

 

去年、Acutonicsのクラスに参加するまで、マカバのことや、神聖幾何学のこと、そしてドランヴァロについてもまったく知らず、ロンがアマテラスとの出会いを話してくれた中で、マカバの話が出てきて「マカバ・・・?マカバってなに・・・?チャクラのこと・・・?」という感じだったのですが、もっとよく知りたいという原始的な気持ちがむくむく湧いてきて、ロンに「マカバって何?」って質問をしたところ、まさにわたしが知りたかったような話を、次から次へと話してくれました。

 

マカバ(MER・KA・BA)はアセンションするための(3次元から4次元への)光の乗り物であること、そして、なぜマカバが必要なのか、アトランティスやレムリアの時代に何が起きたのかを、まるで自分が実際に体験してきたような口調で話してくれるロンの話に夢中になりながら聞き入っていて、わたしが知りたかったのは、これだったんだ!と直感的に感じました。学校では絶対に教えてくれない情報ですね。

 

そして、もっとマカバや神聖幾何学のことを詳しく知りたければ、ATIHのワークショップに参加するといいよということも聞いて(ロンは、Acutnicsのティーチャーになる以前から、ATIHの公認ティーチャーとして活動していました)、もし来年(今年のこと)開催されるとしたら、絶対参加しようと決めていたのでした。

 

▼ドランヴァロ・メルキゼデク著書のフラワー・オブ・ライフ
絶版になっていたけど、去年再版されました。

フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第1巻〉
ドランヴァロ メルキゼデク
ナチュラルスピリット
売り上げランキング: 11,026

ちなみに、Coldplayの最新アルバムもフラワー・オブ・ライフがデザインされていましたね!

ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ(ジャパニーズ・ツアー・エディション)<初回生産限定盤>

 続きマース。

 

 今日も「こころとカラダを癒やす旅」に訪れてくれてありがとうございます!

 

RAY きょうこ

 

POI