読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

侵略エネルギー

あれれ、下書きに戻ってしまっていたので、改めて更新!

今朝めちゃくちゃ目覚めがよかった!すんごい抜け感がある。

もしかしたら、絶不調脱出かも?!笑

 

------------------------------------

たくさん書きたいことがあって喉まで出かかっているんですが、

なかなか文字にできない自分にもどかしさを感じている今日このごろ。

 

最近忙しくてなかなかブログを更新できなかったのですが、

ブログが書けなかったのは、忙しいだけじゃなくて、

絶賛!絶不調!だったりしています。

 

クライアントさんからも「今、すごく調子が悪いんです」とか、「精神的に不安定」「感情のデトックスが起きている」という話を耳にしていて、私だけじゃないんだなあと思っていたのです。さらにあるクライアントさんからは「占星術的にそういう時期みたいですよ~」とメールで教えていただいたりして。人間て星の動きにすごく影響を受けているようなので、もうこれはあきらめるしかないと思っていましたが、出てくるわ出てくるわ、問題という名の幻想が!

 

振り返ってみると、わたしの絶不調、去年の10月くらいから始まっていました。

この絶不調いくつか原因があってですね(星の動きももちろんありますが)、そのひとつに「侵略エネルギー」に影響されていたというお話があるので、今日はそのお話しを。あやしすぎる!(笑)スピまるだしだー。

 

過去に「IHセッションは、苦しいけど、たのしい。」という内容をアップしましたが、IHキネシオロジーのセッション受けるが楽しすぎて、IHプラクティショナーになったわけですが、プラクティショナーになってみたら、想像していた「ちょーたのしい!」みたいな感覚がまだ湧いてこなくって(始めて間もないのだから、あたりまえですね)、意外と難しいものだなあという感じではあったものの、10月くらいからやけにセッションを始めると苦しくなっていました。

 

のりこさんのセッション@NYを受けたこともあり、さらにクライアントさんと共鳴しやすくなったのもありましたが、一向に改善されず、特にIHセッションでルートチャクラを開くというプロセスがあるのですが、このルートチャクラを開いた途端、混乱というか、冷静じゃいられなくなって、貧血の時のように、血の気が引くというような感覚が抜けませんでした。そもそも、ルートチャクラは、大地につながるだったり、グランディングのチャクラなので、貧血のようにフラフラになるのは変なんですよねー。これが長く続くようだと困るし、だんだんIHセッションもしたくなくなってくるという悪循環。

 

これは原点に戻って、IHキネシの楽しさを思い出そう!とわたしの師であるKさんのところに先月セッションを受けに行きました。

 

そ、し、た、ら、

 

 どうしてルートを開くと苦しくなるかキネシで確認してもらったら、あるエネルギー体に侵略されていて、ルートチャクラを開くと、ストレス反応がでるということがわかりました。しかも、そのエネルギー体が憑いたのが3~4か月前ということで、思い当たることがあったのですが、そんなことあるの~?みたいな。セッションで無事にその侵略エネルギーを外してもらったら、ルートチャクラを開いても全然苦しくなくなってびっくり。

 

そのエネルギー体、ある星からのエネルギー体みたいなんですが、どこの星かは、身体が答えてくれませんでした。

「知るには、まだ早すぎる」とのこと。まだ早すぎるって、どーいうこと?笑

プレアデスとか、オリオン?、シリウスという名前くらいしか星について知らない、わたし。これからこういうことも学んでいくんでしょうか。学んでいくんだろうなー。笑

どんどんあやしくなっていく、、、 

 

絶不調と一言で言っても、変化への抵抗や、なにかしら必要な体験を自分がしたいから様々なことが起きているわけで、そのプロセスさえもたのしめるようになれたらいいのだけど。

 

2月はどんな一か月になるか、たのしみです!

 

では、みなさんもいい一日に!

 

★IHキネシオロジー、フィボナッチセッションのお問合せは

こちらまで→

★築地・東銀座プライベートサロンをご利用になりたい方は

こちらまで→

 

今日もこころとカラダを癒やす旅に来てくださってありがとうございます!

 

RAY きょうこ