読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

プロセスをたのしむ

気づき

こんにちは!

リハビリ用にブログをアップしたらせきとめられていた

ブログを書きたい!って気持ちがあふれてきたので、連投!

 

最近ふたたび、ボードゲームTG(経営トータルゲーム)で遊んでいるんですが、

TGをやりながら気づいたことがあるんですね。

それは、プロセスをたのしむことがめっちゃ苦手だということです。

 

f:id:poi_diary:20161208114721j:plain

いろんな気づきを与えてくれるTG(経営トータルゲーム) 

 

TGは、短時間で会社経営委をシミュレートできるボードゲームで、自己資本300円から始まって、10期通して自己資本500円を目指すというものなんですが。

自己資本500円にゲームの回数を重ねることなく(なるべく少ない回数で。ここポイント!)達成させたいという気持ちが強く、500円に到達しなかったら、はげしく落ち込むという(笑)

 

とにもかくにも「プロセス」を吹っ飛ばして、「今、すぐに」できるようになりたい。

「結果」を求めすぎてしまうあまり、「プロセス」をたのしむことができない。プロセスがあって、後からはじめて結果がついてくるものなんですよね。そのことを頭で理解していても、プロセスにどっぷり浸っているとそのことを客観的に観れなくなってしまうのです。そのままIHセッションにも同じことが言えるのかも(ガクブル…)

 

先日、ゲームをはじめて20回目にしてやーっとこさ、自己資本が500円を超えましたが、それまで8割の確率で倒産し、何度もあーダメだと落ち込んだわけですが、500円を超えた時に今まで何度も倒産したのはプロセスであって、一瞬でも落ち込む必要は無かったことに気が付いたわけです。

 

プロセスをたのしめない理由として、両親の遺伝から「生真面目さ、完璧主義、正義感、責任感が強い、傷つきやすさ」などの性質を受け継いでいて、完璧主義だから自分にも人にも厳しく、その上、傷つきやすさという性質も持ち合わせているという、複雑すぎて、なんとも生きにくい。(生きにくいから、自然とヒーリングに向かっていったわけですが)

 

どうも最近この性質が顕著に出てきていて、昨日も自己ヒーリングをしたところ「楽に生きられない」という情報があがってきました。そして、やっぱり完璧主義や、責任感の強さという情報も出てきて。

 

どうして「楽に生きられない」につながってしまうのか?それは、結果を追い求めすぎてしまい、自分を追い込み、目標に達しない自分を責め、そして傷つくというサイクルなんではないかと。自分としては、そこまで結果を求めていないし、自分を追い込んでもないし、自分を責めているつもりもないんです。

(ここがねー、もうどうすりゃいいの?という気持ちになるんですが。。。)

そして、この性質が自分でも感じられるくらい強くなると、グランディングも同時に弱くなるというサイクルに。

 

ここらへんの性質に関しては、一度や二度のセッションでは、完全に外せないんだなあというのを正直、感じています。

 

プロセスに「よい」も「わるい」も無くって、ただ楽しんで、前に進めばいいだけなのですよね。できないからたのしい。できるようになる過程(プロセス)こそがおもしろい。そんな風に、TGもIHセッション(!)も思えたらいいなあと思う今日この頃です。

 

 みんなが、ただただ一瞬一瞬を、わくわくする気持ちや、自分がたのしいと思うことを素直に選び続けていければいいですよね。(自分にとって、何がたのしいのかわかんない!っていう人も多いんですけど。それは、わたしか?・・・あは)

 

今日も「こころとカラダを癒やす旅」に来てくださってありがとうございます!

  

-----------------------------------------

★IHキネシオロジーセッションのお申込みは こちらまで→

★築地・東銀座プライベートサロンをご利用になりたい方は こちらまで→

 

Ray きょうこ