読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

セッションの感想から

こんにちは!

 

前回のブログで自分の気持ちの変化を文章化することにより、さらに意識の変化が起こるかもしれないなあ、なんてことを書きましたが、「気づき」にはすごく大きなパワーが秘められていますよね~。たとえば、わたしが最近気づいたことのひとつに、社会の役に立たなければ、誰かの役に立たなければ、仕事をしなければ、自分には価値がないと思っているんだなあ、とか。「気づき」には、良い悪いはないですが、今の自分にとっては、明らかに向き合いたくない、向き合うのが恐いものもあります。

 

キネシオロジー上級クラス@NYでも、見たくない自分に向き合わざるを得なかったから、苦しくてしょうがなかったのですが。のりこさんからは私がクラスの間もずっと苦しかったのは分かっていた上で「ここを抜けるためには、必要なプロセスだということもわかっていたから、すべてを信頼していた」と後から教えてくれました。うーむ、何もかもお見通しですね~(笑)

 

一見、つらくて、くるしくて、もうダメだーと思っているようなことでも、必要なプロセスだから起こるべくして起きるってことありますよね。たとえば、セッションに来てくださっているYさんは、子宮筋腫がキッカケになって自分自身と向き合う体験をされました。手術の恐怖や、仕事のこと、人生のこと。私には想像できないほど、いろんなことが一気に襲い掛かるような恐ろしさがあったと思います。それでも、やっぱり、Yさんにとって必要なプロセスだったんだろうなあと思うんですよね~。

 

なぜなら、Yさんからこんな素敵なメールをいただいたから♡

 

ところで、2日前の土曜日に退院しました。

手術と術後の経過は想像以上に順調です。
まだキズは痛むので、おばあさんのようなヨチヨチ歩きになってしまいますが(^^;

 

私の中では子宮筋腫の手術は今年の一大イベントだったのですが、
実は必然で、かつ私の人生の中では大したことではない(うまく表現できないのですが)ちょっと寄り道しました程度の事だったのでは、、、と感じてます。

入院直前は仕事が忙しかったことと、薬の副作用と、手術に対する恐怖と不安で
精神的にも不安定でした。

 

で、この期間にこれでもか!というくらい私の醜い感情が溢れ出て 止められず・・・
【こんな気持ちになるのがおまえだ~ 認めろ~ このまま受け入れろ~ 
良い人でないなんて落ち込むなー】と誰かに言われているような、、、

 

でも、昨日あたりから、これまでIHで出てきたテーマ(目標)
『不安症の改善→私は私を認めます』
『占い依存症からの脱却→無条件に信頼する』が
クリアできた感覚が急に湧いてきて、
すべてに感謝の気持ちが溢れ出て、涙が止まりませんでした。


きっと筋腫の手術前にIHを受けることも必然だったのだと思います。

今は満たされた気持でいっぱいです。

今日から2週間は自宅療養です。まだ普通には歩けませんが、
思う存分ダラダラ、自分を甘やかしてしまおうと思っています。

 

Yさん、ありがとうございます!

自分で感じたこと、体感したことって、何物にも代えられない宝物ですね。

 

きょうこ

 

POI