こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

NY 7日目

★ご案内★

銀座・世田谷でIH(インテグレートヒーリング)、音叉を使ったサウンドヒーリング:フィボナッチのセッションをしています。セッションの詳細については下記よりご覧ください。

▼セッションメニュー(IH、フィボナッチ、音叉ヒーリング)
 セッションメニュー&料金 

▼セッションのご感想
 セッションのご感想  

 

 

こんにちは!

 

f:id:poi_diary:20160912183938j:plain

 

NYの旅が終わり、日本に帰ってきましたー!

今回の旅はわたしにとって本当に特別なものになりました。なんていうんだろう、この道で本当に大丈夫だろうかという迷いが本当にまったく無くなった。ヒーリングをしていくことが私の使命であるということは、知っていたけど、結構苦しかったんですよね。なぜなら、わたしには「ヒーリング=修行」だったので(そりゃ―苦しくなるわ)、「ヒーリング」が本当にすきなことなのか分からなくなっていました。でも、今回の旅で「ヒーリング=喜び」に変換できたような感じがしています。

 

さて。

 

NY最終日、最後に受けたIHセッションもまた特別なものでした。

のりこさんの「終わったよ。おつかれさま。」の一言があったあと、何とも言えない深い感動を感じていました。自分の内側の奥深くまで潜ったところに、暗いトンネルがあって、ずっと一人だと思っていたけど、トンネルを抜けたところで、のりこさんがわたしを待ってくれていた、上手く言えないけど、そんな感じ。

 

世の中には、ヒーリングを受けたことがない人がたくさんいますし、ヒーリングなんて受けなくても一生を終えることができるわけですが、知らずしらずのうちに自分のなかで根を張っていた「生きづらさ」みたいなものを(その「生きづらさ」という感情が馴染みすぎてしまって、それが普通だと思っていたけど)ヒーリングを通して取り除くことで、観えてくる風景があるんですよねー。もちろん、ヒーリングだけでなく、(村上春樹の)本を通じても取り除くことができます(笑)

 

クライアントさんの問題は、プラクティショナーの問題でもあるわけで(だからわたしも暗いトンネルの先でのりこさんに会えたわけです)、わたしは、クライアントさんの身体から上がってくる問題を、たのしみながら、淡々と取り外していくだけでいいんだなあと。これからのセッションがたのしみになってきました。

 

そして、今月再びNYに戻ることにしました!

その話はまた次回。

 

今日も「こころとカラダを癒やす旅」に来てくださってありがとうございます!

 

Ray きょうこ

 

POI