読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

人間はゆるんだもん勝ち?

録画してあったSWITHインタビュー「片桐はいり×甲野善紀」を観たんですが、めちゃくちゃ面白かったです!片桐はいり氏が、甲野氏に質問する内容に対していちいちわかるわかるよ、なんて膝を叩きまくっていました。何が言いたいかというと「身体が持つ力というか能力」は、すごい!ってことです。そして、甲野氏の「身体と心は、間違いなく関連している」という言葉は、今のわたしにとっては当たり前すぎるような言葉だけど、電波を通じて確認できたことに感動!

 

番組を観ていて感じたことは、人間がもともと持っている能力・可能性を100%発揮できたら、人ってどうなるんだろうってこと。地球が生まれてから、これまで100%能力や才能を発揮できた人間はいるんだろうか。アインシュタインとかかな~。そういうことを含めて、人間の神秘さへの興味・好奇心は、現在のヒーリングを始めたことにリンクするなあと思います。先日訪れた長崎の4次元パーラー「あんでるせん」のマスターが見せてくれたマジックは、想像を超えるようなまさに神秘を表現したものばっかりだったし。想像を超えたところに、何が待っているのか、何を観ることができるのか。IH・フィボナッチセッションを通じて、潜在的に持つその人そのものを、開花する/させるサポートができたら。

 

片桐はいり氏は、演技中ずっと身体をガッチガチに固めていたそうなんですが、ダンスを始めて、身体から力を抜くことの大切さを感じたということも番組で言ってましたが、この言葉を聴いて、最近読んだ本のことを思い出しました。

 

---------------------------------

ひすいこうたろう×植原紘治

ゆるんだ人からうまくいく。

 

ゆるんだ人からうまくいく。 意識全開ルン・ルの法則
ひすいこたろう 植原 紘治
ヒカルランド (2015-10-28)
売り上げランキング: 7,272

 

ルン・ルという音を聴いて、身体をゆるませ、余分な力を抜くっていうもので、どうやら「ゆるんだとき、人は、最高の能力を発揮する」ようです。なんかシンクロしてるなあと思いながら、番組を観ました。まあ、じぶんが見たいものしか見ていないということもあるのだと思うけど。

 

せっかく人間として生まれてきたのだから、

じぶんがもっている力/才能を1000%出し切って、

おもいっきり動いて、おもいっきり喜びを感じて生きたい。

そんなことを思う今日この頃です。

 

今日も「こころとカラダを癒やす旅」に来てくださってありがとうございます!

 

Ray 京子

 

Peace Of I