読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

お手紙/脳の奇跡

IH創始者のマチルダ推薦の本「脳の奇跡」読了しました!
 

奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)
ジル・ボルト テイラー
新潮社 (2012-03-28)
売り上げランキング: 1,685

普段日常の生活を営む上で、脳がどんな働きをしているか意識しながら生活を
している人は多くないはず。この本の著者は、左脳に先天性の異物があり、
そこから出血したことで、左脳の一部が壊れ、右脳優位になってしまいます。

 

左脳が働かなくなったとき、人はどうなるか、右脳にどんな働きがあるのか、
この本を読むまで、ぜんぜん知らなかったんですが、右脳には宇宙と自分が一体となる感覚や、仏教の究極的目標である永遠の平和、最高の喜び、安楽の世界を意味する涅槃(ニルヴァーナ)!を感じているんですって!すごーい!

ただし、右脳はゆっくりなので、スーパーコンピュータである左脳の分析や批判の思考によって、右脳的なマインドが打ち消されてしまうそう。左脳によって、読み書きや、計算、日常必要な様々な動きができているのは素晴らしいんですが、嫉妬や批判、判断など、頭のなかの独り言によって、せっかく右脳が感じているニルヴァーナの境地を感じにくくさせていると思うと、右脳よ、がんばってくれ!と自分の脳に言い聞かせてしまう今日このごろです。

 

で、です。

 

IHには、ディープレベルスイッチングという、脳の混乱を引き起こす神経システムの乱れを調整するプロトコルがあります。脳内で電磁波的な極性が逆転していることによって生じる混乱や、感情的なストレスや、コンピューターやテレビが発する電磁波など、環境的なストレスによって、正常な脳の統合を損なうことも。ディープレベルスイッチングによって、脳や神経システムのエネルギーの流れを正常に戻すことができるのです。

 

ディープレベルスイッチングの調整をさせていただいた時のセッションは、クライアントさんのブログに書いていただいたんですが、その当時、脳の働きについて今よりも詳しく知らず、ただ右脳と左脳の神経システムの混乱を正常に戻すということを、宇宙とクライアントさんの体のメッセージに導かれた結果、セッションをさせていただくことができました。

 

もちろん、詳しく知っていたほうが、クライアントさんの問題にとってよりフィットするセッションができるようになるんだと思うのですが、医者でも科学者でもないわたしは、本を読みながら、そしてなによりもクライアントさんの体からのメッセージを受け取りながらセッションを進めていくことしか今はまだできません。

 

でも、でも、です!

知識がどれだけあったとしても、宇宙の導きや、クライアントさんの体のメッセージをやっぱり大切にしたいなーと思うのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼2月以降の対面セッション日

2016年2月以降の対面セッション可能日 - こころとカラダを癒やす旅

▼ご予約・ご質問はお気軽に♪

ih.yoyaku★gmail.com ←★の部分を@に変えてください

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今日も「こころとカラダを癒やす旅」に来てくださってありがとうございます!

 

きょうこ

 

 Peace Of I