読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

IHセッションの感想をご紹介☆(えりこさん)

今日は、とっても気持ちのいい日ですね!
今朝オイルマッサージをしたからなのか、いつにも増して空がとっても綺麗に見えるし、目に映るものがキラキラと輝いているような気が。朝早く起きるのはたいへんだけど、明日もがんばって早く起きよう。

 

さて、先日、IHセッションにお越しいただいたクライアントさんがご自身のブログにセッションの感想を載せていただいたので、ご紹介しますッ!

 

▼えりこさんの金星開拓日誌

キネシオロジーと職業選択と覚悟とADHDの話 | 金星開拓日誌

 

クライアントさんの目を通して、セッションのことを振り返るって、すっごく不思議な感じです。セッション中、そしてセッション後、えりこさんの身体の中では、そんなことを感じていらっしゃったんだなーとか、感想を伺うことでわたし自身も勉強させていただいています。

 

わたしにADHD的な問題があるなんて、きょうこさんは知らないわけだけど、「やる側」の概念になくても、私の身体に聴くことで、脳梁の調整とかが出てくるわけです。私が潜在意識的にそれを許可し、望んでいれば、です(わたしの顕在意識が矢も尽き果てて、あきらめていてもね・・・あれ?だからこそ潜在意識の許可が出るっていうカラクリなのか?)。

 

キネシオロジーと職業選択と覚悟とADHDの話 | 金星開拓日誌 から引用

 

ブログにも書いてくださっていますが、IHキネシオロジーの素晴らしさは、わたしがえりこさんのことをなーんも知らなくても、えりこさんの身体の声(潜在意識)を聴くことで、問題やストレスを調整できるってことです。もうほんとに、そのことに尽きます。もちろん、クライアントさんのタイミング(えりこさんの潜在意識が問題を取り扱うことに許可をし、そのことを望んでいる)が合うことが前提になりますし、何よりもプラクティショナーの人間としての器の大きさにもよりますが。。。

 

プラクティショナーが取り扱える問題しか、セッションでテーマ(問題)としてでてこないので、人間としての器の大きさが求められます。でも、そんな急に器を大きくできないので(笑)、、、自分を卑下することなく、出来ることをコツコツとやり続けることしか、今のわたしにはできることはないのかなーと思います。

 

今日も「こころとカラダを癒やす旅」に来てくれてありがとうございます。
クライアントさんとの出会いは、小さな奇跡です。

 

11月以降の対面セッションのスケジュールはこちらから↓

11月の対面セッション可能日について - こころとカラダを癒やす旅

 

きょうこ

Peace of I