こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

ヴェーダの森那須に行ってきた☆

朝夕、少しずつ涼しくなってきましたね~。
8月が過ぎると、さらに時間が過ぎるのが早くなって、気がついたら年末になってた…てことになるので、気を引き締めなければ!

 

さて、先週末、念願かなって「ヴェーダの森 那須」に一泊二日で宿泊してきました!

ヴェーダの森 那須」は、住む人や訪れる人に健康と幸せをもたらす、古代インドの建築術「マハリシ・スターパティヤヴェーダ」に基づき建てられた木造施設で、オーガニックな食材で調理されたマハリシアーユルヴェーダの食事を楽しみながら、アーユルヴェーダの治療を受けることができる施設です。

 

蓮村誠先生のアーユルヴェーダの診察の際に、「一度、ヴェーダの森那須に行って、アーサナ(体操法)を学んでくるといいよ」と言われ、アーユルヴェーダの食事にも興味があったし、スターパティヤヴェーダ建築も見てみたいしということで、行ってきました♪

f:id:poi_diary:20150824154504j:plain

建物は中庭を配した作りになっていて、中心部には建物全体に調和をもたらすブラフマスターン(神聖な領域)が。

 

 

f:id:poi_diary:20150824155045j:plain

各部屋が左右に並ぶ廊下も美しい!

 

アーユルヴェーダの食事もどんなものなのか、少々心配していましたが、全部菜食で作られたとは思えないほど、ボリュームたっぷり!わたしはひとりで参加していたので食堂のテーブルでひとり黙々と食べていたら、TM教師の先生が「一緒にいいですか?」と相席してくださったので一緒に色々お話していたところ、わたしと同じ位の年齢の方のほとんどが、服部みれいさんの本を読んでTM瞑想を始めたられたとのことで、あらためて服部みれいさんの影響力の大きさを実感!

 

わたしも、みれいさんの本やマーマーマガジンを読んで、少しずつアーユルヴェーダを日常に取り入れてきました。

例えば、

  • 朝一番に白湯を飲む
  • 毎朝オイルマッサージをする
  • 朝夕20分瞑想をする
  • 夜は10時半までに横になる
  • アーユルヴェーダクリニックに通う

などなど。

 

 そしたら、色々な恩恵を受けるように。

  • 自己参照的に物事を見れるようになってきた
  • 自分の進む道(ダルマ)がはっきりしてきた
  • 直感が増してきた
  • 願望が達成されるまでの時間が短くなってきた

これらはほんの一部ですが、瞑想やアーユルヴェーダを知ることができて、ほんとーによかったな!と実感しています。

今回の「ヴェーダの森那須」は一泊二日だったけど、すんごいゆっくりできました。今度はレジデンスコース(四泊五日)で訪れたいなー。

 

そういえば、超越瞑想を現代に復活させたといわれるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーにお会いになった方で、オーラが見れる方がおっしゃっていたそうですが、その方、マハリシにお会いできるということで、オーラはどんなものなのか、たのしみにされていたらしいんですが、実際お会いになると、オーラがまったく見えず、マハリシにはオーラが無いんだって思ったらしいのですが、、、なんと実は、マハリシには、オーラが無かったのではなくって、オーラが大きくって部屋におさまりきれず、建物の外までオーラが広がっていらっしゃったんですって!

 

すごいッ!笑
オーラが大きすぎて、建物全体にオーラが広がっているなんて。。。

 

 瞑想に、アーユルヴェーダ、IHと、時代が違えば秘技とされてことが、こうして望めばみんな(個人)が学べる時代になったって、すばらしいですよね。

 

きょうこ

POI