こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

ブログをお引越しします!

先日無事に、カナダでのAcutonicsワークショップが終わりました!

現地でブログ更新したかったのですが、ブログ更新どころではありませんでした。。。追々ご報告したいと思っていますが、その前に大事なお知らせです。

 

この度、ブログをお引越しいたしました。

ごあいさつ | ethical cosmic(エシカル コズミック)

 

ethical cosmic(エシカル コズミック)という名前にリニューアルです。

IHセッション、サウンドヒーリングセッションも引き続き行っていきます。

※一部セッション料金が変更になっています。

 

約4年間、こちらでブログを更新してきましたが、いよいよ次のステージの幕開けです。

 

もしよろしければ、引き続きのご愛顧をよろしくお願いします。

 

愛と感謝をこめて

 

RAY きょうこ

出身星はどこですか?

みなさま、こんにちは!

今日は母の日!とってもいいお天気ですね。

 

いよいよ来週、天王星が牡牛座に入ります。天王星牡羊座から牡牛座に座位を移すのは、7年ぶりです。天王星が牡牛座に入ることの兆候が、いろいろなところで、ちらほらと出てきているような気がしているんですが、みなさまはいかがですか?

気付いていないだけで、この世の中のさまざまなことや、わたしたちの心の動きでさえも、星と連動して動いているようなんです。鈍感なわたしでさえも、星の影響としか思えない!的なことが続いているので。これは確かだと実感していますよ(もっぱら星の話しかしていないのもあるかもしれないですが)。 

 

そうそう最近読んだ本も、愛知ソニア著の「人類創世記イナンナバイブル」という本がおもしろかったので、ご紹介します!シュメール・エジプトの遺跡に残されているアヌンナキの物語です。この物語は、惑星ニビルからニビル星人が黄金を求め地球に上陸したところから始まります。黄金の採掘するために、ニビル星人のDNAと類人猿の遺伝子を操作して「原始的な労働者」を造って、金鉱の肉体労働をやらせるのですが、その「原始的な労働者」が、私たちの祖先ホモ・サピエンスであるという、隠された人類創生の歴史の物語なのです。まあ、教科書には絶対のらない類の話ですよね(笑)

 

 

プレアデスコンタクトで明かされる真実の地球史 人類創世記 イナンナバイブル  アヌンナキの旅
愛知ソニア アーシング中子
ともはつよし社 (2016-03-04)
売り上げランキング: 114,313

人間は、どうやら宇宙からやってきたということなんですよね~。(ホログラムを映し出す装置に、爪の破片を置いたら星が映し出されたっていう話を聞いて感動した記憶も)。パートナーのよういちさんは、まじめに「きょうこさんは、アルクトゥルス星と関係あるかもしれないね」と言っておりましたが、自分がどこの星からやってきたかを想像するのも、とってもおもしろいですよね!この前も「どこの星からやってきたか分かる人がいて、わたしはシリウスだって言われるんです」とおっしゃっていた方もいました。

 

もしかしたら今後自己紹介でも、「〇〇星の出身です」っていうのも、あたりまえになるかもしれませんよ~(ふふふ。笑)

 

あたりまえになるかも!と言えば、「ホロスコープお見合い」もあたりまえになったらおもしろいなーって思うんです。わたし自身も、言ってしまえばホロスコープお見合いで、恋愛すっ飛ばして、最初っから魂レベルでのお付き合いが始まったので、シングルの方たちのホロスコープデータを集めて、魂レベルの最高のお相手を見つけるサービス。いいと思うんだけどなー(笑)

 

★お知らせ★

5月15日(火)に、天王星牡牛座時代のオンライン講座が開催されます。

天王星牡牛座の7年間がどんな時代になるのか、どんな意識で過ごせばいいのかヒントが得られると思いますので、ぜひぜひご参加くださいませ~。

ご都合が合わないようであれば、後日の閲覧も可能です。 

 

▼詳しくは、下記をご覧ください。

◉予告【天王星牡牛座チャート解説☆〈Zoomナイトオンライン講座〉】…天王星牡羊座時代のこれまでの軌跡 | 占星術と日々からの水瓶座時代発信ブログ

 

きょうこ

 

POI

 

天王星牡牛座時代のはじまり

こんにちは!

はやいもので、もう5月!

GWも終わってみなさま、いかがおすごしですか?

 

汗ばむほど夏日もあれば、今日みたいに肌寒い日もあったりして、

体調を壊しやすい季節かもしれませんね。

 

さて、今月のビックイベントといえば、なんといっても、

カナダで開催される、Acutonics(アキュトニックス)のワークショップです!!!

とうとうというか、いよいよというか、とっても感慨深いです。

 

2016年、2017年とハワイ島でAcutonicsのクラスが開催され、今回はカナダで開催なんですが、ハワイ島といえば、今月3日キラウエア火山が噴火、非常事態が宣言され、住宅にも被害が拡がっているそうです。ワークショップの開催場所だったハワイ島のリトリート施設「カラニ」には、今のところ被害が及んでいないようですが、もし今年もハワイ島で開催…となっていたら、今ごろワークショップの開催が危ぶまれていたかもしれません。ロンからも、ハワイで計画していたら、今ごろ大変なことになっていたね、と。ほんとうに、セーフ!でした。こういうとき、すべての流れは必然なんだなーということが身に沁みて感じますね。

 

このキラウエア火山の噴火ですが、この自然現象も今月5/15に天王星が牡牛座に入宮することに関連しているんじゃないかと、身内で話しておりますよ。

 

Acutonics(アキュトニックス)のFBでも「占星術的に2018年の最も大きいニュースは、5月15日に天王星が牡牛座に入宮すること」と紹介されていました。

 

The biggest news astrologically for the month of May, and really for the whole of 2018, is Uranus’s move into Taurus on May 15. It’s been 84 years since Uranus occupied the sign Taurus, and 7 years since Uranus shifted signs from Pisces to Aries. While traveling through Aries, Uranus activated the “I need to be free to be me” attitude. As it moves into Taurus, it will activate the “I need to be free financially” attitude. We will feel some dissonance as our acquisitive nature and security needs will be greatly challenged by Uranus’s energy.

AcutonicsのFBより

 

ーーーー

 5月の占星術的な最も大きいニュースは(そして2018年全体でもとっても)、5月15日に天王星が牡牛座に移動することです。天王星が牡牛座に戻ってくるのは84年以来(天王星は、1サイン上に7年間座位する)、そして、天王星が、魚座から牡羊座に移動してから7年。牡羊座を旅している間、天王星は「わたしがわたしであるために自由でいないと・・・」という気持ちを活性化しました。それが天王星牡羊座に入ると、「わたしは財政的に自由である必要がある」という気持ちを活性化するでしょう。わたしたちは、天王星のエネルギーによって、私たちの得ようとする性質と安心を求める気持ちに大きな挑戦がもたらされるため、ある種の不調和音を感じるでしょう・・・

(キョウコ意訳)

ーーーー

 

続きは、こちらから↓

Come What May: Uranus in Taurus | Acutonics

 

天王星牡羊座時代(そういうんですって!)を個人的に振り返ってみても、「自由であるため」にいろんなことをしてきたように思います。家族から、仕事から、友人・知人からもすべてを振り切って自由になる。もちろん全部を切り捨てるという意味ではなくて、わたしがわたしであるために、離してはいけないと思うことや、強く握りしめていたものを手放して、自分の足で立つ(=本当のじぶんになる)ことを学んだ7年だったような気がしています。

 

そして、天王星牡牛座時代は、「財政的に自由になりたい」という気持ちを活性化するとのことですが、たぶん、今までと違った意味合いなんだろうなー。これまでのお金という物質的価値感が変わるというか、あるから自由になれるのではなくて、あっても、なくても自由であるということを学ぶ7年になるのではないか・・・と感じています。

 

東日本大震災で始まった天王星牡羊座時代。そして、5月15日からはじまる天王星牡牛座時代。これからどういう7年が待っているんでしょうか。

 

★お知らせ★

5月15日(火)に、天王星牡牛座時代のオンライン講座が開催されます。

天王星牡牛座の7年間がどんな時代になるのか、どんな意識で過ごせばいいのかヒントが得られると思いますので、ぜひぜひご参加くださいませ~。

ご都合が合わないようであれば、後日の閲覧も可能です。 

 

▼詳しくは、下記をご覧ください。

◉予告【天王星牡牛座チャート解説☆〈Zoomナイトオンライン講座〉】…天王星牡羊座時代のこれまでの軌跡 | 占星術と日々からの水瓶座時代発信ブログ

 

 きょうこ

 

POI

 

 

 

マルセイユタロットリーディング

先日、多次元キネシ&Acutonicsワークショップで仲良くなった、さとえちゃんが家に遊びにきてくれました。さとえちゃんは、キネシやAcutonics音叉のほかに、マルセイユタロットにも造詣が深くって、わたしも以前ほんの少しだけマルセイユタロットを勉強したことあったけど、その当時は、タロットのパワフルさをあんまり理解できてなかったこともあってそのままになっていたんですが、さとえちゃんのタロットにまつわる話をいろいろ聞いていたら、改めてマルセイユタロットやっぱりすごいかも!ってなったんで、今日はその話を。

 

さとえちゃん曰く、あるマルセイユタロットリーダーの方にリーディングをしてもらったところ、カードから浮かび上がってきたことが、キネシのセッションで上がってきた問題とほとんど同じで、ホントびっくりした、んですって。タロットカードはイメージ(絵柄)を通じて、その人が持つ潜在意識・問題(問題なんて本当はないから、思考のクセと言った方がいいのかな)を象徴として伝えてくれているんですね。これって、夢見のワークとまるで同じ!潜在意識の言語って、言葉そのものじゃないんですよね。数字や、色、形(すべての形。動物、洋服、木々とかね、ありとあらゆる形)が言語で、言葉以外のものと言ってもいいのかも。なのでそれをどう読むか、受け取るか、通訳するかなのです(これは訓練が必要ですね)。

 

さとえちゃんのマルセイユタロットリーディングは今まで受けたことなかったんですが、直観で、さとえちゃんはこの潜在意識の言葉を読み取れる人だなって、感じたのです。

 

で、タイミングよく(?)、わたしの中にあったモヤモヤが、今年に入ってから感じていたものの見ないようにしていたけど、いよいよ表面化してきて、ふと、このモヤモヤはマルセイユタロットではなにを伝えてくれるんだろう?と興味が出てきて、さとえちゃんにタロットリーディングをお願いしました。

 

マルセイユタロットリーディングをちゃんと受ける(練習とかじゃなくてね)のは初めてだったんですが、すごく興味深いカードが出てきましたよ。3枚引きで見てもらったら、「過去・現在(現状)」と「未来」は明らかに次元が違っているようで、今は、一つ上の次元に上がる時期にいるみたい。一つ上の次元に上がるには、名前のない「13」が、キーになるそう。。。デトックス・浄化。

 

どうやら、わたしがこころから望む未来を作るには、これを手放したら死んじゃうんじゃないか?と思うものを手放す必要があるよう…

 

それが何かというと「お金」!

がびーん。

 

今も、会社勤めをしながら、セッションをしていますが、会社のお給料や待遇がどんどん良くなっていっているのもあって、セッション料がお給料を逆転する気配が一向にしないというジレンマに陥っていたのです。

 

好きなことだけしたいけど、「お金」がないと生活できないし、今は、会社勤めとセッションのバランス取れているし敢えて波風立てなくっても(これがわざと気づかないふりをさせていた)・・・というのもあったけど、実は、収入(お金)が本当の理由ではなく、それは表面的な恐れで、つまるところ、「自分自身を信じられるか」なのです。

 

本当にしたいことだけで、生きていけるようにいつなるんだろうか?とか。

わたしにはそのチカラがなくって、ヒーリングに向いてないんじゃないか?とか。

好きなことだけやっている人(自分を信じられる人)を見かけると、うらやましいくって、さらに落ち込むっていう悪循環。

 

マルセイユタロットリーディングでは、逆説的でもあるけど、自分の純粋な感情を開いていくには、自分が手放すのが本当に怖いというものを手放す覚悟がある?(=自分を信じることができる?)っていうことを伝えてくれました。

 

この恐れを手放すために、いろいろワークをする必要ありそうですが、何よりもまずそのことに気づくことができて、本当によかった!気付きは、癒し(治癒)の最初の一歩になります。

 

ということで、さとえちゃんのマルセイユタロットリーディング、おすすめです!

 

▼Schiff:マルセイユタロットリーディング

Schiffdasschifff.blogspot.jp

 

 

きょうこ

 

POI 

 

 

 

 

【お知らせ】牡牛座天王星ナイトフィーバー解説ZOOMオンライン講座

今朝見た夢。

 

小惑星キロン、みんなすごいって言ってるけど、

キロンのすごさ分からないんだよね。」とだれかに伝えている。

 

「こんなに平和なところに生まれたんだから、

圧倒的に豊かで幸せになってほしい。

なれないのはおかしい。」

とキロン(男性だけど、ケンタウロス族の賢者ケイローンではなかった)に言われて、

目が覚めた。

 

よういちさんにこんな夢を見たよとメッセージを送ったら、

「そうか。

エンジェルナンバーも、最近そういうかんじ。

恐れは一切いらいないと。

豊かさにフォーカス。」

という返事。

 

このやりとり、かなりのスピカップルとしか思えない!(笑)

 

この夢を見たのも、来月5月16日に何か関係あるのかもしれないな~と思ったのでした。

 

*** 

 

来月5月、天王星が、牡羊座から牡牛座へ移動します。

7年前、天王星魚座から牡羊座に入宮したタイミングで起こった東日本大震災

大震災が起きた4か月前に母が亡くなり、この7年間は、わたしにとっても激動の時期でした。大きな悲しみもあったけど、変容をもたらしてくれrた7年でもありました。

 

天王星が、牡牛座に入宮すると何が起きるんでしょうか。

それを分かりやすく!解説してくれるZOOMオンライン講座のお知らせです。

 

ーーーーーーーー

『祝!! 天王星牡牛座時代☆ 牡牛座新月

牡牛座天王星ナイトフィーバー解説ZOOMオンライン講座』

 

ついにこの5月、革命の星、天王星が牡牛座へ移動します!!!

7年ぶりのイングレス(星座移動)です!!

3.11 とともに、私たちに悲しみや苦悩と同時に希望をもたらしてくれた天王星

当時は天王星魚座から牡羊座への入宮のタイミングでした。

 

今回の天王星の移動は、5月15日夜に牡牛座新月が起きた4時間後(5月16日)に、牡牛座入りします。新月のタイミングと天王星の移動がほぼ重なるという、5月15日夜〜深夜の牡牛座のブレークスルー。

星々の演出は最高の舞台を整えました。

 

この天王星牡牛座時代における独立解放エネルギーは、私たちにどんな影響と変化をもたらしてくれるのでしょうか。

誰でも皆が求める「豊かさ」について、切っても切れない関係にある「お金」について、

これからの富の築き方って?? 物質的現実生活と牡牛座。

そしてあなたの「〇〇」が鍵となる。

 

日時: 2018年5月15日(火) PM21:30〜22:45

(15分程度の質疑応答を設ける予定ですが、ワイワイガヤガヤ系でいきたいと思います)※牡牛座新月が15日 20:48、天王星牡牛座インが16日 0:48です。

料金: 5,000円

場所: Anywhere!!

講師: ウェルビーイングクリエイター 杉山洋一

お申込み:ethical.cosmic@gmail.com まで 

 

詳しくは、下記サイトをご覧ください。

牡羊座新月『〝オリジナル〟のキャリアこそ社会性となる』 | 占星術と日々からの水瓶座時代発信ブログ

 

きょうこ

 

POI

 

シンクロと天球の音楽

最近、シンクロ率がすごくって、びっくりしています。つい先日、郵便局で新規口座開設した時のこと。窓口の人に手続きをお待ちいただいている間に、カードの暗証番号4桁を考えておいてくださいってことだったので、椅子に座りながら「よし、あの番号にしょう!」と決めて、長椅子の前に設置してあったテレビにふと目を向けたら、テレビ画面に時間表示がされていたんだけど、な、ん、と、暗証番号にしようと決めた数字が、その時テレビ画面に表示されていたのです!それを見て、ひゃー、これはよい暗証番号を考えられたなって確信しました(笑)。

 

さーらーに。来月Acutonicsのワークショップがカナダで開催されるので、Level1クラスを受けたときのテキスト「There is no place like Ohm」を読み直しているんですが、今朝電車でこの本を読んでいて、ふと、わたしの前に立っていた人を見たら「sugar maple」という文字と、カエデ(楓)のイラストが描かれたトートバックを下げていたのです!ひゃー、これまた驚き!カナダといえば、メープル!国旗にもカエデが配されていますものね。

 

気の抜けた、ふとした瞬間に魅せてくれる小さなミラクル!このシンクロがわたしに何のメッセージを送ってくれているのかは、なぞ!(笑)だけど、意味もなくうれしくなってしまいます!

 

で、話は、There is no place like Ohm というテキストに戻って、この本が本当に素晴らしいのです。Acutonicsの叡智が詰まった内容で、何度読み返しても、新しい発見と驚きと、素晴らしいシステムに出会えたことの心からの喜びを感じます。

 

 

天球の音楽:ピタゴラスをはじめとする古代数学者の概念。天体の運行によって発せられるエーテル音楽。宇宙そのものが奏でる音楽。

 

 

「天球の音楽の問い」は、アキュトニックスヒーリングシステムの神髄であり、神学であり、神智学であり、土台です。天球の音楽と人の魂の間には、神秘的な永遠の絆ーーー自然の摂理、美、限りない寛容、創造性をまとい、宇宙の相互性を表す絆があります。天球の音楽は、非分離の世界ーーーあらゆる生命を紡ぎ出す、切れ目なく相互に絡み合う織物ーーーの珠玉の表現です。天球の音楽とは、すべてを生み出す源泉であり、私たちの魂の真の故郷です。それは存在の大いなるテーマです。

 

天球の音楽は、単なる夢や科学的な概念ではなく、あるいは気取った詩的表現でもなく、ハーモニックな叡智です。細胞に宿る神学です。天球の音楽はあらゆる細胞膜、有機体、原子のブループリントで歌い、神の崇高さ、叡智、知識、調和、愛を語り、讃えています。この世に存在するすべてのものは、天球の音楽の存在とその歌をどこかで覚えており、憧憬を抱いています。宇宙の幹細胞である人間の魂にも、天球のハーモニーの記憶は刻まれています。天球の音楽は、私たちの中で思い出されるのを待っています。

 

アキュトニックスは、天球の音楽の記憶を呼び覚まし、活性化するシステムです。天球の音楽を活性化することは、すべてなるもの、ワンネス、偉大な静寂とひとつであった原書の状態を体験するための鍵となります。

 

There is no plase like Ohm より

日本語訳:柏木 栄里子

 

ほんとうに、冒頭の一部ですが、すっごく詩的な文章。だけど、奥がものすごーーーく深い。タイトルの「Ohm(オーム)」という音にも意味があります。ヨガのクラスでは、チャンティングで「オーム…」という音を発することもありますが、このオームの振動を聴いたり、発声したり、ハミングしたりすることで、神、そして宇宙とひとつになれます。惑星音叉でも、「オーム音叉」が基調音です。

 

そうそう、2016年のクラスでは、60年代のバンドThe Moody Bluesの「The Word | OM」という曲が紹介されました。60年代は、ニューエイジが広まってきたころですよね。あやしさ満点な曲ですけど、個人的にはだいすきです。

 

youtu.be

 

※日本語歌詞もいつか見つけたのに、今日に限ってみつからない・・・

 

話がそれてしまった。「There is no plase like Ohm」のすばらしさをこうして堪能できるのも、すばらしい日本語訳のおかげです。この翻訳を担当してくれたのが、えりこさん。アキュトニックスのテキストは、詩的表現が多くて、翻訳する難しいだろうな~と思うのですが、まったく違和感なく、本のエネルギーをそのまま日本語にして伝えてくれています。来月のワークショップで使うテキストもえりこさんに翻訳をお願いしていて、そろそろ翻訳が上がってくる予定!わたしも図の加工をほんの少しだけお手伝いさせていただきました。Level4、セドナ、エリンの奇経八脈クラスのテキストがどんな内容なのか確認するのが、今から楽しみです。

 

えりこさんのブログもご紹介!

blog.ericreation.com

 

テキストの翻訳チェックが終わったら、いよいよ、カナダです。

 

POI

 

星まみれ

最近、星の話ばっかりしています。

 

これは、西洋占星術家でもあるパートナーのよういちさんの影響でもあるし、惑星音叉に出会ったからでもあるんだけど、去年の今ごろは、星座のマークも判別付かなかったし、1ミリたりとも占星術に興味なかったのに、今では、星座のマークもわかるようになったし(どんだけ知らなかったんだ。笑)、ハウスも少しずつだけど、理解できるようになりました。仕事やメールでのやり取りで、細かいところ(言葉とかね)が気になってしょうがないときは、乙女座が強くでているな、とか、レイジーな気分になって、もう何もしたくないし、夢の世界で生きていたーい、なーんて思っちゃうときは、魚座のドラゴンテイルが強くでているのかも・・・という感じで、何かにつけて自分のホロスコープのどこに当てはまるんだろう?なんて思うほどに。
 
水星逆行中は、物事がスムーズにいかなかったり、手続きに不備があったり、スケジュールがなかなか決まらないと、これは水星逆行中の影響だな(でもほんと不思議なんだけど、水星逆行中は、いろんなことがスムーズにいかないのです。)という感じで、なんでも星のせいにしちゃってます。星の運行や、自分のホロスコープがここまで身近な存在になるとは、いやいや、ほんと、不思議。
 
占星術クラスに参加したからでもあるけど、ホロスコープチャートの真ん中に、わたしという個人があるというゾディアックの概念にも慣れてきました。星が身近になって改めて感じるのは、宇宙は、空の上にもあると同時に、わたしのなかにもある、ということです。
 
上あるがごとく、下ありき。
内あるがごとく、外ありき。
 
ヘルメス・トリスメギストスの有名な言葉。
 
 
そういえば、最近夜空を見上げていないなー。
忙しい毎日を過ごしていると、自分の悩みがいかにちっぽけで、宇宙がどれだけ広くて大きいかをついつい忘れちゃう。この地球に生まれてきた理由は、何なのかしら?
その理由をすっかり忘れちゃっているけど、生まれてくる前に決めてきたこと、私はできているのかな?なーんてことを、考えてしまう今日この頃です。
 
 
 
 
▼星のイベント情報のご案内です!
……………………………………………………

『祝!! 天王星牡牛座時代☆ 牡牛座新月

牡牛座天王星ナイトフィーバー解説ZOOMオンライン講座』

詳しくは、下記サイトをご覧ください。

牡羊座新月『〝オリジナル〟のキャリアこそ社会性となる』 | 占星術と日々からの水瓶座時代発信ブログ

……………………………………………………

 

 

きょうこ

 

 POI