読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころとカラダを癒やす旅

IH(インテグレートヒーリング)キネシオロジーを通じて、ほんとうのわたし(本来のじぶん)に出会うお手伝いをします。

世田谷の個人サロンでのセッション終了のお知らせ

【お知らせ】

これまで、築地の個人サロンと並行して、世田谷の自宅サロンでもセッションをさせていただいておりましたが、家族の事情もありましてサロンを移転することになりました。突然のお知らせとなりますが、来月2017年6月末までのセッションのご予約をもって終了とさせていただきます。

これまで、世田谷の個人サロンにお立ち寄りいただきました皆様、本当にありがとうございました!

 

7月からは、埼玉県川口市の個人サロンにてセッションをさせていただきますので、引き続き、どうぞよろしくお願いします。

 

RAY きょうこ

 

POI

ハワイ島 ATIHワークショップ③ 分離感の終焉

こんにちは!

今日は梅雨をスキップして夏が来ちゃった!みたいな陽気ですね。

ハワイから帰国してから一か月が経ちました。帰国してからというもの、想像を超えたようなことを体験し始めています(もう少し時期が経ったら何が起きたかブログに書きたいなと思っています!)。

正直、自分の人生が未踏の地を進み始めたような感じがしていて、これからどういう物語がはじまるのか、自分のことながら、すっごくワクワクしています。そもそも、ヒーリングを勉強しにわざわざハワイ島まで行くことになろうとは想像もしたことがなかったし、何がわたしを導いているのだろうなあ?って思うと、やっぱり、それはIHキネシオロジーをはじめ、フィボナッチなどのヒーリングでもあるし、究極的には天空の支配かもしれないなー、なんて思うのです。

 

さて、前回のブログ更新からだいぶ時間が経ってしまいました。
数名の方から、続きが読みたいですというメールをいただいたりして、
ありがたい限りです!感謝♡

 

で、です。

 

 ATIHのクラスの休憩中、敬愛するロンから、

「Kyoko、どうしたんだ?去年のクラスでは、あんなに輝いていたのに。

この一年の間、何があったんだ?」と言われた、わたし。

 

ロンのその言葉は、休憩後のクラスで、ロンとドロシーの話がまったく耳に入ってこなくなるほど、頭をなぐられたような衝撃を与えていました。振り返ってみると、ロンの言うとおり、去年のクラスでは、耳にすることすべてがわたしの知りたかったことで、出会うべき人たちにやっと会えたという喜びに溢れていました。なのに、今年のクラスはどうだろう?わたしは「喜びではなく、恐怖を選択しているのではないのか?」ということに気づいたのです。思えば、去年ハワイから帰国してからずっと絶望的な分離感(それが分離感だと思わなかったけど)に苦しめられてきました。

 

自分では気づいていなかったけど、去年のクラスでわたしは知らず知らずのうちに「ユニティ」の場所に戻っていたのです。それは、わたしが今生で初めて感じた「ユニティ」だったのだと思います。だからこそ、みんなで過ごした時間が愛おしくて「さよなら」をしたくなかった。ATIHのWSでは「ユニティ」に戻るためのプロセスを通っていくのですが、一度体験した「ユニティ」に戻ることに対して、潜在的に恐怖を感じていて、それが「怒り」につながっていたのです。
なぜなら「ユニティ」の状態を、再び忘れてしまうことが恐かったから。

 

これはまさに、ユニティ・ワンネスを体験していたアトランティス時代に、わざわざ自分たちを分離の状態にしてしまったことと同じ。私たちは肉体を通じてまた「ユニティ」に戻るための旅路にあるのだということを思い出したのです。わたしはまさにその旅路をプロセスとして体験していたのだと気づいたら、もうそこから号泣。

 

その日の夜は、涙が後からあとから零れてきて、同室だったCredoさんにはバレてないと思っていたけど、翌日「きょうちゃん、夜泣いてたでしょ?」と言われて、まさかバレていたとは(笑)

 

翌日は、WSの最終日。

わたしはここで一年に渡り感じていた「分離感」を
「怒り」として爆発させることになります。

 

f:id:poi_diary:20170520171154j:plain

WS風景。

 

f:id:poi_diary:20170520171159j:plain

ロンとドロシーが作ってくれた祭壇。うつくしい。 

 

★IHキネシオロジー、フィボナッチ、Acutonicsの音叉セッションのお問合せは

こちらまで→

 

今日も「こころとカラダを癒やす旅」に来てくれてありがとうございます!

 

RAY きょうこ

ハワイ島 ATIHワークショップ② ユニティへの道

ワイ島から帰って来てからというもの、毎日が本当に慌ただしく過ぎていってます。ブログも今だATIHの内容で止まっているし、、、汗)Acutonics intensive Level2&3までたどり着くのか?笑

 

先週末、わたしの大切な伯母さんが肉体を離れて、魂の故郷へ旅立っていきました。母の長兄の奥さんである伯母さん(愛称ママさん)は、本当に優しくって、小学生のころは毎年夏休みに名古屋に遊びに行っては、一緒に買い物に行ったり、いろんなところに連れていってくれたり、本当に大好きな伯母さんでした。お葬式では、走馬灯のように幼いころの思い出が駆け巡ってきて、もう二度とママさんに会えないんだ、という圧倒的な悲しみに襲われそうになりましたが、肉体ではもう二度と会えないけど「ある場所」に行けば会えるということをATIHのワークショップを通じて知っていたので、悲しみを感じつつも、心穏やかにママさんの旅立ちを見送ることができました。

 

ATIHのワークショップでは、マインドという極性(Polarity)を通じて、ユニティ(Unity)・ワンネス(Oneness)に戻るためのプロセスを学んでいきます。そしてその「ある場所」とは、ATIHでは「ハートの聖なる空間」と呼んでいる場所で、ワークショップでは、様々なセレモニーや瞑想を通じて、徐々に「ハートの聖なる空間」に入っていきます。そのセレモニーや瞑想法については、ブログでどんなに詳細に説明したとしても絶対に伝わらないので、実際ワークショップに参加してもらうのが一番なので割愛します!(笑)

 

今回のATIHのワークショップのティーチャーは、ロンと、ロンのパートナーであるドロシーの2人。ロンは言わずもがなAcutonicsのティーチャーでもあり、ATIHの公認ティーチャーとしてはAcutonicsのティーチャーになる前から活動していて、ドランヴァロの右腕と言われるほど。そして、ドロシーもATIHのティーチャーでもあり、感情解放のプロとして活動していて、いわゆるサイキックで本物の魔女(笑)もう、すばらしく豪華なワークショップですよね。

 

 

で、です。

 

わたしは最初から「ハートの聖なる空間」にすんなりたどり着けたかというと、まったくそんなことはなくって、 、、いろんなセレモニーをするんですけど、みんなすんごく感動して、涙しているわけですが、まったく泣けない私。。。セレモニー自体は、すごく素敵なものばかりなんです。たとえば、Sufi Blessingというセレモニーでは、みなが一つの円になって、ひとりひとり順番に相手の瞳を見て唄を歌います。

 

「わたしの愛しい人

 あなたにハートを開きます

 You are my beloved.

 I open my heart to you.」

 

で、相手の瞳を見つめていると、慈愛の気持ちがあふれていき自然と涙する・・・はずなのに、みんなの涙を見て美しいなあとは思うのですが、まったく入っていけない自分が(笑)「まぢで、やべー!」状態(笑)

 

しかも、ロンとドロシーの「本来のわたしたち(アトランティスが消失したときに消えてしまったハートを通た生き方)を思い出す時が来ました」などの素晴らしいストーリーに感動しつつも、自分のなかの怒りが大きくなっていくのを感じ、瞑想の時間も「ハートのスペース」に入れなくっていじけていたら。。。(あれはまさにいじけていた状態だったなあ)

 

ロンには、

「Kyoko、どうしたんだ?

去年のクラスでは、あんなに輝いていたのに。

この一年の間、何があったんだ?」

 

と言われる始末。。。

 

でも、このロンの言葉で全てが動き出すことになります。

 

f:id:poi_diary:20170505161832j:plain

 

続きマース。

 

★IHキネシオロジー、フィボナッチ、Acutonicsの音叉セッションのお問合せは

こちらまで→

 

今日も「こころとカラダを癒やす旅」に来てくれてありがとうございます!

 

RAY きょうこ

 

POI 

 

ハワイ島 ATIHワークショップ①

ワイ島に到着した翌日から、4日間のATIHのワークショップが始まりました。

 

そもそも、ATIHってなんぞや?ですが、ATIHは「Awakening The Illuminated Heart」 (直訳すると「輝くハートの目覚め」)の略で、フラワー・オブ・ライフの著者であるドランヴァロ・メルキゼデクによって創設されたワークショップです。

 

このワークショップのキーワードは、

It's time to remember the LOVE.

わたしたちが何者なのか、そして愛・ユニティ(の状態)を再び思い出す。

 

It's time, It's time to remember, Remembering love を何度聞いたことか・・・。

わたしが、ロンと、ドロシーにかみつく原因となった言葉でもあるわけですが(笑)

 

ATIHのワークショップがどうだったかの前に、、、 

 

去年、Acutonicsのクラスに参加するまで、マカバのことや、神聖幾何学のこと、そしてドランヴァロについてもまったく知らず、ロンがアマテラスとの出会いを話してくれた中で、マカバの話が出てきて「マカバ・・・?マカバってなに・・・?チャクラのこと・・・?」という感じだったのですが、もっとよく知りたいという原始的な気持ちがむくむく湧いてきて、ロンに「マカバって何?」って質問をしたところ、まさにわたしが知りたかったような話を、次から次へと話してくれました。

 

マカバ(MER・KA・BA)はアセンションするための(3次元から4次元への)光の乗り物であること、そして、なぜマカバが必要なのか、アトランティスやレムリアの時代に何が起きたのかを、まるで自分が実際に体験してきたような口調で話してくれるロンの話に夢中になりながら聞き入っていて、わたしが知りたかったのは、これだったんだ!と直感的に感じました。学校では絶対に教えてくれない情報ですね。

 

そして、もっとマカバや神聖幾何学のことを詳しく知りたければ、ATIHのワークショップに参加するといいよということも聞いて(ロンは、Acutnicsのティーチャーになる以前から、ATIHの公認ティーチャーとして活動していました)、もし来年(今年のこと)開催されるとしたら、絶対参加しようと決めていたのでした。

 

▼ドランヴァロ・メルキゼデク著書のフラワー・オブ・ライフ
絶版になっていたけど、去年再版されました。

フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第1巻〉
ドランヴァロ メルキゼデク
ナチュラルスピリット
売り上げランキング: 11,026

ちなみに、Coldplayの最新アルバムもフラワー・オブ・ライフがデザインされていましたね!

ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ(ジャパニーズ・ツアー・エディション)<初回生産限定盤>

 続きマース。

 

 今日も「こころとカラダを癒やす旅」に訪れてくれてありがとうございます!

 

RAY きょうこ

 

POI

築地サロンでのセッション終了のお知らせ

【お知らせ】

約1年間、築地にある個人サロンでもセッションをさせていただいておりましたが、チューニングフォーク(音叉)の持ち運びがそろそろ限界になってきたため、突然のお知らせとなりますが、来月2017年5月末までのセッションのご予約をもって終了とさせていただきます。
これまで、築地サロンにお立ち寄りいただきました皆様、本当にありがとうございました。

今後は、自宅サロンにてセッションをさせていただきますので、引き続きよろしくお願いします。

 

RAY きょうこ

 

POI

 

ハワイ島 Kalani

ひさしぶりのブログ更新~。

先週、ハワイ島から帰国し、徐々に日常に戻ってきています。ハワイ島でもブログの更新をしよう!と思っていましたが、案の定無理でした~(笑)自然に囲まれた生活をしていると、パソコンを開く気がまったく起きないものですね。。。汗

しかも、毎日がものすごく濃厚で、ワークショップやクラスについてく(「くらいついていく」の方が正しいかな)のに精一杯で、夜になるとヘトヘトになっていました。

 

夏休みの宿題じゃないですけど、夏休み最後の日(8/31)にまとめて日記を書くような感じになってしまうから、その時、何が起きたのか記憶も感情も曖昧になってきているけど、体験したことをこのままスルーしてはいけないような気もするし、少しずつ記憶を掘り起こしていこうと思います!

 

It's time to remember!

少しの間、お付き合いくださいませ。

 

昨年3月、Level1&Fibonacchi クラスに参加し、日本に帰ってきてからというもの、今か今かと、再びKalaniに戻ってくることを、そしてティーチャーのロン、エリン、みんなに再会できる日を指折り数えていました。のりこさんとおさむさんが、またクラスをオーガナイズしてくれることは前回すでに決まっていましたし(すごく迷われていて大変だったことも知っていましたが)、Acutonicsが提供してくれるスキルや知識をもっと深く学びたいという気持ちももちろんありましたが、それよりも、「もう一度、あの場、あの瞬間に戻りたい」、そんな気持ちの方が強くって、なぜ、そんな気持ちをずっと抱えていたのか、自分でもずっと不思議だったのですが、今年、クラスに参加していくなかで徐々に分かっていきました。

 

まずは、一年ぶりに訪れたリトリートセンターKalaniの写真をご紹介。
Kalaniは、まさに「地上の楽園」!ここは大勢のボランティアの人たちによって運営されていて、みんなフレンドリー!日本人のハーフの人も働いていました。学生のときに、こんなところで働けたら、人生変わりそうだなあ。

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、空、屋外、自然

Kalaniのエントランス。

 

f:id:poi_diary:20170425182734j:plain

ゲストルーム。今回は窓が付いてたよ!(去年の部屋は網戸だけだった…汗)

 

f:id:poi_diary:20170425182832j:plain

部屋の前には、バナナが!もぎって食べるの忘れた~

 

f:id:poi_diary:20170425183034j:plain

自然がいっぱい

f:id:poi_diary:20170425183049j:plain

f:id:poi_diary:20170425183136j:plain

いたるところにお花が咲いていてきれー。

 

f:id:poi_diary:20170425182949j:plain

到着した日に、てくてく、たんさく。

 

kalani.com

 

つづきまーす。

 

今日も「こころとカラダを癒やす旅」に訪れてくれてありがとうございます!

 

★IHキネシオロジー、フィボナッチ、Acutonicsの音叉セッションのお問合せは

こちらまで→

 

 

 

RAY きょうこ

 

POI

 

 

 

IHプラクティショナーとしての2年目・・・

むはー!

春だ、はるだ、ハルだ~!

桜が咲いて、うかれぽんち(ごきげん)になってます。

 

4月になり、あたらしいスタートを切られたかたも多いかもしれませね。

そうそう、クライアントさんのなかにも、
IHプラクティショナーになられた方や、
夢のメイクアップアーティストになるために、
有名メイクスクールを受験し、見事合格されて
この4月から美容師をやめてクリエイターになるための
あたらしい一歩を踏み出された方がいらしたり、
なんだか、じぶんのことのようにわくわくしてしまいました。

 

わたしも、この春で、IHプラクティショナーとして活動し始め、
2年目に突入します。まだ2年目?のような気もするし、
もう2年目?のような気もするし(どっち?笑)、
とにかく、またあたらしい気持ちで、
一歩一歩、ゆっくりと進んでいきたいと思います。

 ぜひお付き合いいただけたら、うれしいです。

 

f:id:poi_diary:20170404172901j:plain

お花見でたくさんの人でにぎわっていた@新宿御苑

 

そして、いよいよ明日、アキュトニクスのクラスに参加するために、
ワイ島へ出発します。
この2週間、休みなく働いていたので、若干フラフラ状態ですが、
今回のクラス参加のために、この一年がんばってきた(生きてきた)と
言っても過言ではないので、一瞬一瞬を味わってきます。

 

ワイ島でもブログを更新できたらいいなあ。

 

今日もこころとカラダを癒やす旅に訪れてくださり、
ありがとうございます!

 

★IHキネシオロジー、フィボナッチセッションのお問合せは

こちらまで→

★築地・東銀座プライベートサロンをご利用になりたい方は

こちらまで→ 

 

POI RAY きょうこ